婚活はあせらず戦略的に

私には、4年くらいお付き合いしている彼氏がいます。

もうそろそろ結婚したいな、と思いつつ、仕事も忙しい状況なんですよね。

私のここまでのメンタルや行動などを振り返って、結婚までに考えたり、した方がいいことをまとめたいと思います。

まず出会うには、とにかくいろんな場所に出かけていって、知り合い、友達を増やすのが、当たり前ですが近道だと思います。私の場合、友達の友達として知り合い、飲み友達のような関係から発展したので、いろんな出会いを育てることが大切だと思います。

メンタル的な部分で大事なのは、やはり長いスパンで見て、焦りすぎない、一つ一つの出来事に一喜一憂して落ち込みすぎないことが大切です。私の場合も長い友人期間の間、焦ってどうこうしていたら、ここまでの関係に至っていなかったかもしれません。自分のメンタルの状況を鑑みて、無理をせず、うまくいかないときは女友達と遊んだりして上手に息抜きしながらの婚活をおすすめします。

第一印象にかかわらず、婚活中常に気をつけていたのがファッションとメイクと話題です。合コンや友達同士の飲み会の時には特に気をつけたいですね。いろんなタイプの男性がいますが、清潔感、女の子らしさを嫌いな人はよほど変わった人以外いません。そして少しドキッとするような要素を入れられるとより良いと思います。例えば冬のファッションでいうと、清潔感と女の子らしさのある、ニットワンピにニーハイブーツなど。その王道をベースにちょっとかわったファーの顔のついたグッズでフックをつくったり、セクシーなストッキングをあわせてみても良いと思います。

そして話題ですが、少し男性っぽい趣味の話ができるよう心がけてみましょう。オーソドックスに女子っぽいファッションの子が、男性よりの、音楽、釣り、登山などの趣味があうと思ってもらえると、長く付き合うスイッチを押せること間違いなしです。

その中でいいなというひとが現れたら、焦らずグループでまずは遊んでみましょう。男男女の3人で遊ぶと、交際をすぐに意識させず、女子っぽさも打ち出せるので効果的です。

最終的に相手に結婚を意識してもらうには、お互いひとり暮らしであれば、生活費が安くなる、広い家が借りられるなどのメリットを小出しにしていきましょう。

男性の方がロマンチストな部分もありますが、合理的な考えが好きな人も多いので、同棲をまずは目標にしてもらいましょう。同棲となれば女性側の親に挨拶が必要なので、親に協力しともらうとスムーズだと思います。

参考になるサイト 仙台での婚活